Qのゲームと音楽がメインな日々
っゃっゃミス├

流星 司馬懿

(公開終了)


解説を。

基本は下記の通りですが、まず上手く行きません。随時アドリブを要求されます。なお、mastermindさんの動画を参考にさせてもらっていることを明記しておきます。


1 武将選びの上、弾き一発。南側の場合は雑魚弾き→D攻空かし。

2 中央武将を弾き、雑魚をまとめて弾き。南側の場合は弾き×3。

3 中央弓兵をJ攻で殴って動きを止めた上で雑魚or武将のD攻を弾き。C1遠距離系は弓兵を盾にC1ビームを無効化して雑魚を待つと良い。南側の場合は弾き→D攻→D攻。

4 弾き→D攻空かし又は弓。次の組のド兵5人にD攻を当てるため早消しをせず走り回っておく事。

5 ド兵にD攻(失敗した場合は武将の攻撃でまとめて弾き)→武将はD攻空かし、C1遠距離系はJ攻で動きを止めて適当に、それ以外は対岸まで放置してド兵共々弾き、のいずれか、若干武将選びの必要あり。武将を落としている場合は対岸ド兵にD攻+J攻又は乱舞。

6 弾き×3が理想ではあるが、残る事が多いのでJ攻×3や弾きでフォローする。

7 弾き→武将を弓、雑魚を弾き。

8 弾き→弾き。人数コールが入る場合は呂布隊をC4後中央に行き弾き。


弾きの当て方にコツがあります。一言で言えば「戻り際を当てる」です。これをマスターしてロックオンを外さない事にはきっとどうにもなりません。パターンは状況に応じて柔軟に対応します。落とし損ねや弓兵の処理が非常に厄介なのでどれだけ安定させられるか、冷静にフォローできるかが勝負だと思います。

300以降は弓が通らなくなる点、七周目後半は敵により仰け反らされるようになる点も要注意です。

もう一点全体的な立ち回りに関して補足ですが、前方の敵に対して正面を向いて弾いても横方向に飛んでくれませんので、「視点は前方に向けたまま自キャラは横や後ろを向く」という手法を用います。上手く弾くためには常に敵の動きを見てタイミングを計る方が精度が高まるので。他キャラでも意識的にやってたりしますが、それによりプレーの幅が広くなるかも。といってもそういう動きは普通要求されるませんが。




GT3

異次元突入とライセンス(Sの1分30秒切り)です。特に珍しいものでもないんですが、昔のものが見つかったので。もう5年前の動画ですね。何やってたんだか。

ライセンスのデモはよく見ると結構甘いですね。お尻振り振りが随所に見受けられ、慣れてる人だと抜くのはそれほどでもないのかも。そういう私も序盤低速コーナーが突っ込みすぎてる感がありますが。

コメント

( ・∀・)<馬鹿めが! ウマスウマスでした。ロック外しが各所で流行ってますね。
( ・∀・)<GTの走りも素敵です。対戦してみたくなりました。
( ・∀・)<どう見ても飛行機ゲーでした。
【2007/02/11 20:32】 URL | ぷた #bMLlLu06[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Qiao

Author:Qiao
ゲームと音楽と動画。

連絡は下記まで。
xiaoqiaoごひゃく@yahoo.co.jp

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

ブログ内検索